ホーム 省エネルギー その他のサービス 会社概要 お問い合わせ



建物で使用するエネルギーの約40%は空調で使用しています。
このエネルギーの25%を削減することが出来れば、建物全体において10%削減したことになります。
建物の空調は年間を通じて定格能力での運転はわずかであり、ほとんどの期間は部分負荷運転となっています。
当社は、空気調和機を使用して空調している建物の部分負荷運転の効率化を図るべく、簡易型の可変流量制御手法を確立いたしました。
可変流量制御の高い省エネ効果は既に実証されていますが、従来の可変流量制御は導入コストが高いこと等の理由により、新築のインテリジェントビル等での採用はあるものの既設建物への導入が進んでおりませんでした。
当社の確立した可変流量制御は、建物の設備を現状のままに導入することが可能であるため、従来の制御に比べて安価に導入することが可能です。
これにより、費用対効果の課題をクリアできますので、既設建物においても可変流量制御の採用が可能となり、部分負荷運転の効率化により大きな省エネ効果が期待できます。


空調機の省エネはインバータ化が常識です

課題はその制御方法と導入コストにあります!

 
施設にお伺いしてこんな話をよく聞きます
  『インバータは既に導入しているよ、固定周波数で制御してるけどね・・・』
  
『インバータ化して可変流量制御を採用したいけど費用がちょっとね・・・』

【インバータ】 + 【当社のノウハウ】 = 可変流量制御の新しいスタンダード
 当社のノウハウで課題を解決いたします

可変流量手法の概念

省エネルギー導入実績

空調機インバータ化専用省エネコントローラー『クリーン・ヒット』

正しい設備更新と省エネルギー改善&当社の省エネ提案の特徴

建物の設備のことはあまり詳しくなという方はこちらへどうぞ
  (大幅に削減できる理由などを少しだけ分かりやすく説明してみました)


真夏の冷房対策

 

 


当社取得特許  特許3873218号 
特許3955056号
特許3972342号
特許4646696号


このページのトップへ